歯科医院

最新無痛処置で痛みなく虫歯を治す歯科|歯列の乱れも矯正可能

症状別の治療法

治療

虫歯は症状の軽重によって治療方法が変わってくるものです。初期の虫歯であれば痛みも伴わず、安く簡単な治療で改善させることができるので、気軽に治療を行なうことができるでしょう。昭島の歯科では、初期の虫歯に対してフッ素を使用した治療法を行ないます。初期の虫歯は歯の表面が白く濁ったような状態であるため、毎日鏡で歯の状態をチェックすれば、痛みなどの初期症状がなくても見つかるでしょう。初期の虫歯は歯の表面が虫歯菌によって溶かされた状態ですので、入念なクリーニングと溶かされた部分を補填するためにフッ素を吹き付けることで治療ができます。歯の表面のエナメル質は、フッ素を吹き付けることで再生させることができます。昭島の歯科などで定期的な歯の検診を行なえば、このような初期の虫歯への治療も迅速に行なえるのです。

冷たいものを飲む場合や、甘いものを食べた際に歯が滲みるといった症状が現れている場合、象牙質まで溶かされている状態となります。この状態を放置し続け、虫歯が進行すると神経にまで達し、強い歯の痛みに襲われてしまうようになるため、突然歯が滲みるようになった場合は迅速に昭島などの歯科へ治療を受けましょう。昭島の歯科では、歯が滲みるなどの症状が現れている場合に、詰め物などを使った治療を行ないます。レジンと呼ばれる歯科専用の樹脂を用いることで、体に負担をかけず虫歯への対処を行なうことができるでしょう。神経にまで達し、強い痛みが現れるようになった場合は、この詰め物を行なう治療に加えて、虫歯菌に侵食された神経を取り除く根管治療を行なうことで対処を行ないます。根管治療を行なうことで、他の部位に虫歯菌が移ることを防げるほか、虫歯による痛みも改善することができるでしょう。